女性には生理というものがあります。非常に男性と女性にとって理不尽な世界が繰り広げられる訳です。女性って何故生理があって血など流すのでしょうか。そもそも血とは、怪我した時して流れ落ちないと私達は判断している訳ですが。しかし、私達人間にはなかなか成長するために血というものを引き受けなければならない時もこのようにしてあるものなのです。生理に関して言えばもし動物的セックスをしていたら、血など無関係かもしれません。
しかし、私達は理性的セックスを選択したために卵巣の死を貼り付いたベッドとともに血でもって排出しなければならないのです。男性よりも全然女性の方でセックスに関してデリケートということは理解した方がいいかもしれません。

男性は男性も女性も性が一緒だと思うことが性で女性を楽しませてあげることの出来ない大きな原因なのです。男性は一方的なのです。そして、男性には頂点があり、射精に向かってどんどん気持ちは高まる訳です。そして、山頂に登り詰めたら瞬く間に萎んでしまう訳です。そのメリハリは、女性には理解出来ないことでしょう。女性の性は、男性の山と比較すれば平地のようなものなのです。
男性は女性をそういうものとして最初から捉える必要があります。だから、セックスが終わってすぐにパンツ履いたり、それは非常に紳士的態度とは言えません。そこに女性は非常に淋しく感じるでしょうね。セックスが終わった後の時間こそ、相手と愛を確かめあう時間なのではないでしょうか。

しかし、女性の中にも燃える時はあります。女性にだって性はある訳です。しかし、女性って、気軽にセックスを求めることが出来ない理由があります。セックスすれば、妊娠する可能性があるからです。セックスをしたい気持ちも妊娠によって押さえつけられている訳です。
妊娠しない時期には女性は非常にセックスしたがるものなのです。女性だって、モチベーションは男性よりも低いものの相対的にはセックスに燃える時期がある訳です。それは妊娠というリスクの意識が取っ払われた時なのです。